【コンパクトでハイコスパ】FiiO BTR5 2021レビュー

FiiOのBTR5がBTR5 2021としてリニューアル。購入ししばらく使ったのでレビューしていきます!

Amazonタイムセール開催中!

FiiO BTR5 2021の商品ページ

Amazon ▶楽天  ▶FUJIYA AVIC

FiiO BTR5ESLC 2021(ライトニングケーブル付属の数量限定モデル)の商品ページ

▶Amazon販売なし ▶楽天 ▶Yahoo! ▶FUJIYA AVIC

専用レザーケース

Amazon

ライバル機の記事は下記

【2.5㎜も4.4㎜も使える!】Shanling UP5レビュー!

FiiO BTR5 2021とShanling UP5を徹底比較!

【ルックスも音質もGOOD!】iFi GO bluレビュー!

FiiO BTR5 2021が発売!

BTR5 2021は2021年11月26日に発売されました。前モデルが2020年1月28日発売でしたのでおよそ2年ほど経てからのリニューアルとなります。

FiiO BTR5 2021 前作BTR5 2020との違いは?進化ポイントを解説

前作とのスペック比較は下記の通り。

BTR 5 2021BTR5( 2020)
Bluetoothバージョン5.05.0
音量調節スマホと独立調節可能スマホと独立調節可能
対応コーデックSBC,AAC,aptX,aptX LL,aptX HD,LDACSBC,AAC,aptX,aptX LL,aptX HD,LDAC
BluetoothチップCSR8675CSR8675
DACチップES9219C×2ES9218P x2
USB DACXMOS XUF208XMOS XUF208
ペアリング/プレイ専用ボタン有り有り
音量調節専用ボタン有り有り
送信距離10m10m
表示スクリーン有り有り
ゲイン設定High /LowHigh /Low
出力(32Ω負荷時)3.5㎜シングルエンド:80mW+80mW以上

2.5㎜バランス:240mW+240mW以上

3.5㎜シングルエンド:80mW+80mW以上

2.5㎜バランス:240mW+240mW以上

SN比(A weighted)3.5㎜シングルエンド:-118dB

2.5㎜バランス:-122dB

3.5㎜シングルエンド:-118dB

2.5㎜バランス:-122dB

セパレーション(1kHz/32Ω負荷時)3.5㎜シングルエンド:79dB

2.5㎜バランス:118dB

3.5㎜シングルエンド:79dB

2.5㎜バランス:117dB

ハンズフリー通話対応対応
Siri(iOS)の起動対応対応
インラインリモコンCTIA規格に対応CTIA規格に対応
NFC機能対応対応
ヘッドホン出力3.5㎜シングルエンド、2.5㎜バランス 3.5㎜シングルエンド、2.5㎜バランス
USBポートType C/データ転送・充電兼用Type C/データ転送・充電兼用
内蔵バッテリー550mAh550mAh
連続使用時間3.5㎜シングルエンド:約9時間

2.5㎜バランス:約7時間

3.5㎜シングルエンド:約9時間

2.5㎜バランス:約7時間

充電時間1.5時間1.5時間
外形寸法72 x 32 x 11.1 mm (バッククリップを除く)72 x 32 x 11.1 mm (バッククリップを除く)
重量43.7g43.7g
付属品USB TYPE-C to Aケーブル / USB TYPE-C to Cケーブル / バッククリップ / クイックスタートガイドUSB TYPE-C to Aケーブル / USB TYPE-C to Cケーブル / バッククリップ / クイックスタートガイド

つまり、

  • DACチップをES9218P→ES9219Cに変更

変更点はDACチップの変更のみ。

では、DAC変更で何が変わったか?

  • DAC変更によるMQAレンダラーへの対応
  • DAC変更による非駆動時の消費電力が減った

上記2点が進化しました。

BTR5の駆動時間はスペック上変わっていませんが、それぞれのDACのスペックを見ると待機時の電力が減っています。

  • 非駆動時の消費電力が80mw→45mw
  • スタンバイ時の消費電力が1mW→ 10μW

ということで、連続駆動時間は変わらないものの、待機電力が減ったことでトータルのバッテリー持ち時間は伸びていると考えられます。

FiiO BTR5 2021に搭載されているES9219CはShanlingのエントリーDAPであるM3Xにも採用されいるESS社のアンプ内蔵DAC。121dB以上のDNR、-114dBの歪率。音質にかかわるスペックはES9218Pと同じ。

私は前作を聴けていないので音質の変化までは確認できていませんが、スペック上は微々たる差なので、前作を持っている方には大きなアップグレードとはならないでしょう。

【参考】https://www.mouser.jp/datasheet/2/1082/ES9219_Datasheet_v1_0_4-1923574.pdf

【参考】https://ismosys.com/wp-content/uploads/2020/06/ES9218P-Datasheet-v1.8.pdf

FiiO BTR5 2021の特徴をチェック

FiiO BTR5 2021は高音質で音楽を聴くことを目的としたBluetoothレシーバー。

特徴としては下記の通り。

  • ESS社製DACアンプ「ES9219C」を2基搭載
  • 高音質コーデックはLDACとaptX HD
  • USB接続で32bit/384kHzPCM、DSD256ネイティブ再生が可能
  • 2.5㎜バランス端子搭載
  • MQAレンダラー機能搭載
  • バッテリーは1.5時間充電で9時間再生
  • 有機ELパネル搭載

ESS社製DACアンプ「ES9219C」を2基搭載

ES9219CはShanlingのエントリーDAPであるM3Xやライバル機のShanling UP5などに搭載されている低電力のアンプ内蔵DAC。

高音質コーデックはLDACとaptX HD

高音質コーデックはLDACとaptX HD。

iPhoneでは高音質コーデックは使えないのでアンドロイドスマホで使うことになります。

また、Shanling UP5やiFi GO bluでは使えるLHDC(HWA)は使えません。が、LHDCは使えるスマホが限られますし、音はいいですが結構途切れます。使えなくても特に問題ないでしょう。

USB接続で32bit/ 384kHz  PCM、DSD256ネイティブ再生が可能

FiiO BTR5 2021はUSB接続によるDACアンプとしても使用可能。気分や環境によって、有線、無線を使い分けることが可能です。

2.5㎜バランス端子搭載

3.5㎜シングルエンドと2.5㎜バランス端子

FiiO BTR5 2021は3.5㎜シングルエンドと2.5㎜バランス端子を搭載。

4.4㎜バランス端子はないですが、その分本体がコンパクトなのでこれはこれでいいとjh思います。

MQAレンダラー機能搭載

MQAに対応

有線接続によるMQAレンダラー機能があります。再生端末でビットパーフェクト再生できるソフトが必要となります。

最近MQAに対応するDAC搭載の機器が増えてきましたね。日本でもTIDALのサービスが始まりそうなので、TIDALを使用する予定の人はMQAが聴ける機器を選んでおいたほうがよさそうです。

TIDALの日本サービス開始はいつ?

バッテリーは1.5時間充電で9時間再生

バッテリーは公称値9時間。AACコーデック、3.5㎜シングルエンド使用時の値。基本はLDAC、2.5㎜バランスで使うと思うので、実際はもっと短くなります。

が、充電が90分で完了するのはありがたいですね。

有機ELパネル搭載

バッテリー残量や使用中のコーデック、USB接続時には動作周波数が表示されます。

動作周波数が本体で確認できるのは安心感がありますね。Amazon Musicアプリの表示は信頼できませんからね笑

開封!!

ペリペリ~この瞬間が最高
ホログラム風の輝く箱
本体とライトニングケーブルの箱
BTR5 2021本体 小さすぎず大きすぎず
付属品ークリップケース・USB AtoC・USB CtoC・取説・保証書
FiiO BTR5 LC 2021にはライトニングケーブルも付属
銀メッキ高純度銅線を8芯編み込んだというUSB TYPE-C to Lightningケーブル

FiiO BTR5 2021本体の外観をチェック!

本体前面はピカピカツルツルの強化ガラス
背面も強化ガラス
上部 3.5㎜シングル・2.5㎜バランスアウト
右側ボタン 上から電源・ファンクション・ボリューム
左側にはボタンはありません
底面にUSB C 充電とUSB DAC使用はここから

FiiO BTR5 2021の音質は?

イヤホンはSE846Amazon Musicのハイレゾ音源を使用コーデックはLDAC、2.5㎜バランス接続で聴きました。

FiiO BTR5 2021はFiiOらしい味付けのない忠実度の高い音質。一聴してBluetooth接続とは思えないスムーズな音の感触、シンバルなど金物の繊細な表現、芯のあるヴォーカル、量感十分でややタイトになるベースライン。このタイプの高音質レシーバーを使ったことがない方は「ほんとにBluetooth?」と驚かれる思います。

有線と比べるのはちょっと違う気もしますが音質傾向として、DACアンプのFiiO Q3と比べてみます。音の厚みという点ではQ3が上ですが、ウェルバランスでどんなソースでも素直な表現もできるのがFiiO BTR5 2021の印象です。

先日購入したiFi GO bluと比べると、クールなではありますが、各々の音が正確に届けられている印象。「音楽」の魅力を引き出すのはiFi GO blu、ありのままの「音」を正確に表現するのがFiiO BTR5 2021、そんな感じです。

【ルックスも音質もGOOD!】iFi GO bluレビュー!

最後にShanling UP5との比較ではDACが同じだけにほぼ同じだろうと予測していましたが、やはり傾向は似ています笑。音の繊細さや密度感はFiiO BTR5 2021のほうが一枚上手に感じます。Shanling UP5は若干厚みがある印象。一方のFiiO BTR5 2021は細かく裏ごしされたような音の滑らかさがあります。

本当に微差でけっこう聞きこんでほんの少し印象が変わるかなといったところですね。

FiiO BTR5 2021とShanling UP5を徹底比較!

FiiO BTR5 2021は iPhoneでも使える?

iPhoneで使うことはできますが以下の制限があります。

  • LDACは使えない
  • AAC、SBCのみ
  • DAC使用にはOTGケーブルが必要

BTR5に限った話ではないですが、iPhoneでは高音質コーデックは使えません。

使えるコーデックはAACかSBCとなります。

DACとして使う場合はライトニング‐USB Type CのOTGケーブルが必要です。FiiO製品ですとLT-LT1ですね。

LT-LT1

BTR5 2021には、数量限定でLT-LT2(現時点単品販売なし)が付属するモデルもあります。

実際つないで再生するとこんな感じ

iPhone6sにつないでAmazonMusicUnlimtedでハイレゾを再生したところ問題なく動作しました。

FiiO BTR5 2021はBluetoothよりもUSB DACモードを優先します。また、USBモードが二つあります。

  • USB 1.0…ドライバー不要
  • USB2.0…要ドライバー、高速伝送

USB1.0だと96kHz、USB2.0では192kHzでの動作になりました。(Amazon Music Unlimited使用時)

USB2.0モード接続時、楽曲、画面表示に関係なく常に192kHzでの動作(Amazon Music)

なお、Apple Musicでは楽曲のスペックに合わせて動作が変わります。

USB2.0モードApple Music再生時

音質は当然ですが、DAC使用のほうがいいですね!FiiO BTR5 2021は大きすぎないので持ち上げても抜けそうな感じがしないのもいいです。

MQA再生は?

FiiO BTR5 2021はMQAレンダラーに対応します。フルデコードするには別途コアデコードに対応したソフトが必要になります。Androidだと

USB2.0モードの時のみで、コアデコード時にはMQAの表示がされます。

FiiO BTR5 2021はこんなあなたにおススメ!【メリットとデメリット】

  • 完全ワイヤレスの音質に満足できない!
  • とはいえ完全有線は煩わしい
  • 音楽はストリーミングサービスで聞く
  • お気に入りの有線イヤホンを持っている
  • 4.4㎜よりも2.5㎜ケーブルを多く持っている
  • ボリューム調整はダイヤルよりもボタン派
  • MQA音源も聴きたい

完全ワイヤレスの音質には満足できない

完全ワイヤレスイヤホンもかなり進化してきてはいます。が、やはり小さな筐体の中に多くの電子部品を詰め込まなければならず制約が多いです。高級機の部類に入るWF-1000XM4は私も持っていますが、やはり音質面では単体イヤホンには到底かないません。

Anker Soundcore Liberty 3 ProとWF-1000XM4を比較レビュー!

とはいえ完全有線は煩わしい

音がいいとはいえ、完全有線は電車で使用すると煩わしいです。満員電車でスマホにDACアンプつないでケーブルぶらぶらさせながらKindleでマンガ読むのはストレスの連続。スマホに線をつながないだけで、ストレスが大幅に減るのは魅力ですよね。

音楽はストリーミングサービス(サブスク)で聞く

スマホでストリーミングサービス、完全ワイヤレスの利便性をを保ちながらも、手軽に音質アップできるのがBTR5の大きな魅力です。

【2021年12月最新版】【徹底比較】ロスレス、ハイレゾ音楽ストリーミングを比較

お気に入りの有線イヤホンを持っている

私はSE846をメインで使用しています。完全ワイヤレス化できるUTWS3も使ってみましたが、もう少し音質が良ければ…と思いあまり使わなくなってしまいました。そこで高音質コーデックが使用できるBTR5やiFi GO bluを使用。Bluetoothとは思えない音質に驚き、これはアリ!となり移動中だけでなく、ガストでブログ書いている時もメインで使用しています。

4.4㎜よりも2.5㎜ケーブルをメインで使っている

FiiO BTR5 2021のヘッドホンアウト端子は3.5㎜シングルエンドと2.5㎜バランス。4.4㎜バランスは使えません。その分筐体をShanling UP5よりもスリムにしているので2.5㎜メインであればこちらがおススメです。

4.4㎜バランスをメインで使っているのであれば、iFi GO bluやShanling UP5がいいでしょう。

ボリューム調節はボタン派

FiiO BTR5 2021のボリューム調整はボタンになります。誤操作が少ない反面ボリュームを10あげるのであれば10回ボタンを押す必要があります。私もですが頻繁にボリューム調節する方はちょっと煩わしいかもです。

iFi GO bluやShanling UP5はダイヤル式ですね。

MQAも聴きたい

有線接続で再生ソフトも必要になりますが、MQAの再生も可能。iFi GO bluはできないので、TIDALも使いたいということであればFiiO BTR5 2021かShanling UP5がいいでしょう。

音楽ファンも満足できる音質に過不足のない機能性、これで2万円を切ってるのでFiiO BTR5 2021のコスパは高いと思います。

Amazonタイムセール開催中!

FiiO BTR5 2021の商品ページ

Amazon ▶楽天  ▶FUJIYA AVIC

FiiO BTR5ESLC 2021(ライトニングケーブル付属の数量限定モデル)の商品ページ

▶Amazon販売なし ▶楽天 ▶Yahoo! ▶FUJIYA AVIC

専用レザーケース

Amazon

ライバル機のレビューはこちら

【2.5㎜も4.4㎜も使える!】Shanling UP5レビュー!

【ルックスも音質もGOOD!】iFi GO bluレビュー!

Amazon Musicが3月無料

【期間限定】【初回限定】
Amazon Musicが3ヶ月無料!
※詳細はこちら
Apple Musicは1ヶ月無料

初回限定で1ヶ月無料!
フォローはお気軽に!