【いきなり比較】FiiO BTR7 と iFi GO blu!

NO IMAGE

初回分売り切れとなっていたFiiO BTR7をゲットしました。

今回は個別レビューをせずにいきなりiFi GO  Bluと比較したいと思います。

▶【関連記事】【結局どっち?】FiiO BTR5 2021とiFi GO bluを比較!

▶【関連記事】【ルックスも音質もGOOD!】iFi GO bluレビュー!

▶【関連記事】【コンパクトでハイコスパ】FiiO BTR5 2021レビュー

まずはBluetoothで比較

ファーストインプレッションはFiiO BTR7が圧倒的

商品が届き、焦る気持ちを抑えながら開封。前作BTR5よりはふた周りくらい大きく感じるものの、持ち運ぶには十分な軽さ。いつものようにSE846を4.4mmジャックに繋いでBTR7を起動。

BTR7は近くにペアリングできる機器を探し行っている。スマホのBluetooth設定を開いてBTR7を選択。ペアリングが完了すると、鮮やかな発色のLDACという文字が浮かび上がった。

SE846を耳介にねじ込み最近よく聴いているPat Metheny Group「Forward March」(24bt/96kHz)を再生する。

ドーン!!

一発目のバスドラがなった瞬間、度肝を抜かれた。ポータブルのBluetoothデバイスでここまでふくよな低音と、かつクリアに伸び伸びと響き渡る倍音、なめらかに減衰するリバーブ。

iFi GO bluのときに受けた衝撃を超えてきました。

それから2時間くらい聞きなれた音楽を聴き直していました。

低音域をiFi GO bluと比較

ここからは松任谷由実の80年のアルバム「流線形80’」から「魔法のくすり」(24bit/ 96kHz)で比較していきます。楽器の数が多くすべて完璧な生演奏。ミキシングも完璧。もちろんヴォーカルも完璧。比較での音質変化がわかりやすいです。

GO blu、BTR7ともにLDACにて比較します。

iFi GO bluの、空気をぐっと押し出すような低音は、とても気持ちよく心躍らせます。一方BTR7の低音はもう少しタイトで、より輪郭のクッキリとした映像を想起し、正確さと精細さと力強さを感じさせます。

iFi GO bluとBTR7どちらも素晴らしい低音だけど質感は明確に異なります。

どちらが好きかと言われれば現時点ではBTR7。しばらく聴き込んで行くと印象は変わるかもしれませんが。

高音域の表現力を比較

iFi GO bluの高音域はややフォーカスが甘いながらも、ハイハットやシンバルはノリよく楽しく聴かせてくれます。

BTR7の高音域はフォーカスがぴたりと合ったような明確さがあるが、ハイハットやシンバルはiFi GO bluよりも一歩遠くで鳴っています。トランペットやサックスなんかはiFi GO bluよりも前にでてつややかに鳴り響いていますね。

好きでいえばiFi GO bluですね。シンバルやハイハットはノリを作るのに重要な要素なのでそこが楽しく聴けるの大きいです。BTR7が悪いわけではもちろんなく、iFi GO bluが「体で聴く」ならBTR7は「耳で聴く」といった感じです。

中音域を比較

ヴォーカルを比較します。

まずiFi GO bluはBTR7よりも半歩くらい奥から聞こえます。低音と高音がやや強いとも言えます。BTR7と比べるとほんの僅か引いているといった程度。かと言ってヴォーカル曲が不得意というわけではなく、しっかりと芯のあるヴォーカル表現で愉しませてくれます。

BTR7のヴォーカルはiFi GO bluよりも前に出てきます。透明感があり、声を張ったときの伸びも気持ちよく聞けます。リバーブの陰影感もうまく表現できていて奥行きを感じる素晴らしい表現力です。

【結論】LDACの比較ではBTR7がおすすめ

Bluetooth(LDAC)で比較した所感としてはiFi GO bluは全体的にフォーカスが甘いながらもそれを逆手に取って、音楽マニアを楽しませるために潔く味付けしたような爽快な鳴り方をします。

一方でBTR7はBluetoothであることをほとんど感じさせない驚くほど精細な高音域の描写。私は有線、無線でブラインドテストしても答えられる自信がないです。それから力強い低音〜中低音、芯のあるヴォーカル。それに加えて空間表現も上手い。BTR7はクセのない「高音質」です。

結論、好みの問題もあるでしょうが、私は、Bluetoothの比較においては、正確さと力強さを兼ね備えたBTR7を推しますし、また多くの人が気に入るだろうと思います。

有線接続ではiFi GO bluのほうがいいか

今度は有線接続で比較します。

Androidスマホ(P30pro)に繋いで比較です。

BTR7のケーブルは相変わらず低品質

BTR7付属のC to Cケーブルで繋ぎますがうまく認識せず…。

このケーブルは多分FiiO Q3とかに付属していたものおそらくと同じ。認識するときとしないときがあって結構イライラします。

今度はiFi Gryphonに付属のケーブルを使ったらあっさり認識。ケーブルにも良し悪しがあるんですね…。

聴き比べ

iFi GO bluは有線接続で聴くと豹変します。Bluetoothで曖昧だったフォーカスは有線ではしっかりとピントを合わせます。Bluetoothでの楽しい味付けはそのままに一音一音の輪郭をクッキリと描き分離感もバッチリ。

一方でBTR7はもともの正確さを、更にもうワンランクアップしたような音質に。もともとBluetoothでの品質が良いだけに驚くような変化は、iFi GO bluほどではないです。

【結論】Bluetooth品質の良し悪しが浮き彫りに

iFi GO bluは無線と優先では圧倒的に有線が良いので、iFi GO bluのBluetoothアダプタとしての品質が、BTR7と比べるとあまり良くないのだと思いました。

有線だけで比べるならiFi GO bluが音楽的で楽しく大好きですが、やっぱりこのタイプはBluetoothで使うことが多いので、トータルではBTR7を使うことが多くなりそうです。

出力端子を比較

出力端子はどちらも3.5㎜シングルエンド、4.4㎜バランス端子の2つです。

iFi GO bluの出力は、

  • 3.5㎜シングルエンド…165mw@32Ω
  • 4.4㎜バランス…245mw@32Ω

FiiO BTR7の出力は、

  • 3.5㎜シングルエンド…160mw@32Ω
  • 4.4㎜バランス…320mw@32Ω

となっています。

実際使ってみた感じでは、どちらもパワフルな鳴り方で、大抵のイヤホンで十分な音量を得られると思います。

付属品を比較

ケースを比較

iFi GO bluはケースが付属せず、ポーチのみ。ケースは別売りで、iFiからクリップのついたもの、MITERから紐通しのついたものが販売されています。どちらも4,5千円するので、簡易的なものでもケースはつけてほしかったと思います。

一方でBTR7のケースは前作のプラスチッククリップから、ヌバックのような合皮ケースに変更となりました。レザーではないですが質感はいい感じです。使っていくうちに手垢が目だってきそうですが、キズ防止にはいいですし、なんと言っても買い足す必要がないのは嬉しいところですね。

とはいえ表示部が大きく露出面積が広いので、フィルムは別途購入してつけたほうが安心かと思います。

付属ケーブルを比較

iFi GO bluはUSB A to Cのみ。

FiiO BTR7はUSB-A to C、USB-C to Cの2本が付属します。

前述の通りFiiO BTR7に付属のC to Cはあまりよくないので、スマホと有線接続する頻度が高いのであれば結局買う羽目になると思います。

充電方法を比較

iFi GO bluはUSB給電のみ。

BTR7はこのタイプのアンプでは珍しくワイヤレス充電に対応しています。

私は玄関にワイヤレス充電器を設置していて、帰ったらポンと置いて充電しています。

非常に嬉しい機能です。

また、BTR7はサイドにあるスイッチで充電する、しないを切替可能。

音声案内や効果音

iFi GO bluはコーデックの案内や電源OFF時に音声案内があります。

一方でBTR7はそういった音声案内Ya効果音がないので、電源が切れたのかどうか、繋がったのかどうかなどがちょっと分かりづらいです。完全ワイヤレスだとこういった案内はほとんどあるので、完全ワイヤレスになれてると違和感あるかもしれません。

FiiO BTR7

Amazon ▶楽天 ▶Yahoo! ▶FUJIYA AVIC

 

Amazon Musicは1ヶ月間無料

 

【新規限定】
Amazon Musicが1ヶ月無料!
※詳細はこちら
Apple Musicは1ヶ月無料!

初回限定で1ヶ月無料!
NO IMAGE
フォローはお気軽に!