シュアーSE846レビュー【至高のモニターサウンド!】

SE846レビュー
  • SE846ってどんなイヤホン?
  • SE846はどんな人にオススメ?
  • SE846を検討しているが買いか?

SHRE SE846を検討しているが高価だし一歩が踏み出せない…という方にオススメの記事です。

私も先日思い切ってSE846を購入し、その音場の広さとクリアな低音にハマっています。

2年以上使っても飽きることなくマイ・ベストイヤホンのまま。

音声の仕事に携わって16年以上の音を聴くプロがレビューしていきます!

※詳しくはこちら

SE846はフラグシップモデル

SE846外箱

SHUREのSE846は2013年に発売されたSEシリーズの最上級モデル。

2020年5月にSEシリーズの後継機にあたるAONIC215、AONIC4、AONIC5の3機種が発売されました。しかしSE846の後継機にあたる機種は出ていません。AONIC5はSE535LTDの後継にあたり、SE846とどのような違いがあるかは下記にまとめています。

AONIC5とSE846、SE535LTDの音質を比較!

ついにSHURE SE846第2世代が発売!

そして、2022年9月に待望のSE846第2世代が発売されました。が、本体はそのままで、下記が追加、変更になるようです。

  • エクステンドノズルの追加
  • 本体カラーの変更、追加
  • ハイレゾ認証の取得
  • イヤーチップの追加

一番の注目は赤色のエクステンドノズルで、ブライトノズルよりも高い音を持ち上げるノズルのようです。ハイレゾ認証の取得もしていることを考えると時代に合わせたマイナーチェンジといった感じです。

何にせよ本体はそのまま。

つまりそれだけ完成度が高いということ!

SHURE SE846のデメリットはなんだかんだ出費がかさむところ

  • SE846は圧縮音源との相性が悪い
  • プレイヤーやアンプも用意したくなる
  • ケーブルも欲しいなあ

SE846を使っているとなんだかんだ出費がかさむのが大きなデメリット。

SE846は圧縮音源との相性が悪い

SE846でまず気を使いたいのが音源です。MP3を聴くと粗が目立ちます。サブスクを使って聴く方も多いと思いますが、320kbpsくらいの圧縮された音源だと荒さが目立ってしまいます。

良いところも悪いところもそのまま表現するのがSE846

サウスくならロスレス、ハイレゾ配信しているサービスがおすすめです。

【徹底比較】ロスレス、ハイレゾ音楽ストリーミングを比較

こちらはつき1000円前後の出費で効果が大きいので優先して変えたいところです。

広告

※詳しくはこちら

プレイヤーやアンプも用意したい

iPhoneのヘッドホン端子に直接挿して聴いてみましたが、SE846の良さであるクリアな低音と音場の広さが感じられません。

音源同様、プレイヤーもその良し悪しがはっきりと表現されるのでこちらも気を使いたいところ。

専用プレイヤーやアンプがあると、SE846の高音質をより楽しめると思います。

M3XとSE846▶【shanlingのDAP】M3Xレビュー

ノーマルケーブルが微妙

付属のケーブルは結構不評です。

ケーブルの交換でガラッと音質が変わるのでこれも沼です。

SE846リケーブル試聴レビュー①

 

SE846の特筆すべきメリット

  • 遮音性が高い
  • イヤホンとは思えない明瞭な低音
  • 正確な音像表現力
  • 音場が広く定位がつかみやすい
  • ノズル変更でカスタマイズ

それぞれ解説します。

遮音性が高くノイキャン不要

SE846のイヤーチップ

これはSHUREのSEシリーズ共通ですが、遮音性が非常に高い。

イヤーチップが耳栓と同じ仕組みで外からのノイズを物理的にカットするんですね。

ノイズキャンセリングイヤホンのように電気的にノイズをカットするわけではないので余計な回路を積む必要がなく音質的メリット期待できます。

正直はじめは付け方に慣れるまで違和感はあります…、が慣れてしまえば他のイヤホンは使えなくなります。

田中ヤスタカ氏絶賛!イヤホンとは思えない明瞭な低音

SE846はイヤホンとは思えない音の広がりとズシリとくる低音が魅力。

サウンド&レコーディングマガジン2018年9月号」でPerfume やきゃりーばみゅぱみゅのプロデューサー、中田ヤスタカ氏が次のように語っています

「GENELEC 8050A 8350A 8351A」など50系のウーファー口径のサウンドと似た感覚で聴けるイアフォン。8351Aと音の差が最も少なかったのがSE846だった。」

 

※こちらはKindle Unlimited会員は読み放題

GENELECのスピーカーはプロの現場で使われることが多いモニタースピーカー。私も会社で使っていますが低音の輪郭が素晴らしいスピーカーです。ちなみに8351はペアで¥100万を超えます。

そのモニタースピーカーに近いと語らせるくらい、SE846の実力が飛び抜けてるかわかるでしょう。

いや、ほんと素晴らしい低音ですよ、SE846。

一聴して世界が変わる!っていうくらい

聴き慣れた音楽が完全に別物になって、次々と聴き込んでしまいます。

正確な音像表現でどっぷりと音楽に没入できる

SE846は低音の出るイヤホン。ただ低音の出るイヤホンは結構ありますが、低音が出ると全体の音像がぼやけがちなんですが、SE846は中域から高域までクリア。

ヴォーカルからシンバル、ハイハットの明瞭音像が素晴らしいです。

一音一音をしっかり聴いてどっぷり浸れる…

音場が広く一音一音が聞き取りやすい

SE846はイヤホンとは思えない広い音場感です。一般的にイヤホンはヘッドホンと比べると「狭いところで音が鳴っている」と感じてしまいます。

ですが、このSE846はハウジングが大きく、そのため音場が広いです。SE535LTDと比べるとその差は明らかです。

なので、音楽を細部まで聴くことができ没頭できます。

イヤホンとは思えない空間の広がり!

ノズルを変えて音質変化を楽しめる

SE846第2世代では4本が付属

SE846の特徴として音質変更できるノズル。ウォーム、バランス、ブライト、エクステンドノズルの3つが付属します。

ざっくりいうと、低音寄り、フラット、高音寄り、超高音よりの音質に変更可能。

これが面白いんですよ

デジタルEQと違い、物理的な変化なので音質劣化を感じません。私は基本フラットを使いっていますが、時々変えて音色の変化を楽しんでます。

【完全解説】SHURE SE846のノズルインサート

堅牢性が高く高級感がある

本体が非常に丈夫。

他のSEシリーズも同様ですが、プロ用機材をメインに扱っているSHUREの製品なので耐久性が非常に高い。

私はSE535LTDを5年以上使っていますが、本体の方は今でも現役です。

実際手に持った時の高級感がすごい!

リケーブルして音質変化を楽しめる

SE846ケーブル外し

SE846は他のSEシリーズ同様、MMCXという規格を採用しておりケーブル交換が可能。

断線した時の交換はもちろん、音質変化を楽しむために交換するのもあり。

SE846は音の表現が正確なため、ケーブルの交換でも音の変化が如実です。

▶︎【二千円台!】G&Vの2.5mmバランスケーブルをレビュー

SE846リケーブル試聴レビュー①

ちなみにワイヤレスに変更することも可能です。

【有線イヤホンを格安でWL化】FiiOのUTWS3をレビュー

修理も可能

歴史も長く、プロ用音響機器を提供してきたSHURE。もし壊れてしまっても、修理が可能です。

代理店もないような怪しいメーカーのものは長く使うには不向きです。

人気モデルのため情報が多い

人気モデルのため情報が多いです。

例えば、どんな音楽にどんなケーブルがあうのか、とかですね。

本当は試聴するが一番ですが、なかなか行けない人も多いと思います。

そんな時にレビュー記事が多いSEシリーズなら参考になる情報が溢れていて助かります。

資産価値が高い

SE846は人気モデルであり、根強いファンも多く、後継モデルも未発。

アマゾンの中古相場を見てもなかなか値下がりしません。

おおよそ6万円前後で推移していますね。

中古で買って不要になれば売却といった運用なら、数千円で使用できます。

資産価値が高いから買っちゃおうって思って買いました笑

SHURE SE846でハイレゾは聴ける?

聴けます。

SE846は第2世代でも第1世代でもハイレゾが聴けます。

SE846は第2世代でハイレゾ認証を取得しましたが、本体の変更はないのでもともと第1世代でも聴けたということです。

ちょっと話はそれますが、ハイレゾ認証を取得するためには測定で40khz以上の再生を確認する必要があります。が、第2世代のスペック表記は20kHz のままなので「?」となった方も多いはず。ハイレゾ認証は専門機関の測定で40kHz以上の再生が確認できれば取得は可能ですが、スペック表記は自社での測定によるもの。第2世代の発売にあたって計測し直さなかったためかと思われます。

話を戻します。SE846は第1世代でもハイレゾを楽しめますが、第2世代に付属するエクステンドノズルは超高域を持ち上げて空気感を付与しているので、よりハイレゾ感を味わいたいなら第二世代のエクステンドノズル使用がおススメです。

実際にeイヤホンさんの店頭で聞かせてもらいました。

予想通りというか今っぽい空気感のある音質で、特にオーケストラやライブ音源などがかなり臨場感たっぷりに楽しめました。

【完全解説】SHURE SE846のノズルインサート

SE846中古はアリ?

カラーは4種ありお好みですが、中古で買うなら真贋の判別がしやすいクリアカラーがオススメ。偽物が出回っている情報は今のところありませんが、中身が見えた方が安心なので私はクリアカラーにしました。

中古についてはこちらで記事にしています。

シュアーSE846の中古、買って大丈夫?

【結論】SE846はミュージシャンにもコアな音楽ファンにもオススメ

ミュージシャンにもおすすめ

SE846は全体の音像がはっきりしているため、わずかな音の変化をそのまま素直に表現します。

細かい部分まで聴くリスナーを想定して音楽制作をするなら、このSE846は最適と言えます。

前述の中田ヤスタカ氏もモバイル環境で愛用しているようなので、持っておいて損はないでしょう。

私は音楽制作をしませんが、私のように細かい部分まで聴いて楽しみたいリスナーは必ずいます。

映像編集にもおすすめ

私は映像編集をするのですが、細かいノイズを聴き逃したくないんです。

そんな時にこの遮音性は正義。

自宅では常に外部からのノイズが気になりますからね。

コアな音楽ファンにおすすめ

まとめるとSE846は遮音性、音像、音質、堅牢性、ケーブルやノズル交換によるカスタマイズ性、資産価値など、どれをとっても一級品で買いのイヤホンという結論です。

私の決め手は音質と資産価値でした!

SE846はどこで買う?

アマゾンは価格の変動が激しいですね。

楽天で買うならeイヤホンがオススメ。こちらも専門店なので安心感があります。

paypayモールはクーポンやpaypayのキャンペーンで安く変えるかも!

サウンドハウスや音響機器を扱う老舗で安心感があります。

FUJIYA AVICはハイエンドオーディオ機器を扱う老舗。中古も充実してます。

 

 

Amazon Musicが1月間無料

Apple Musicは1ヶ月無料!

初回限定で1ヶ月無料!
SE846レビュー
フォローはお気軽に!
NO IMAGE

Amazon Music Unlimitedが1ヶ月無料

CTR IMG