SE846買ったけど微妙だったという人へ

SHURE SE846を勇み足で買い、届いていざ聴いてみたら微妙だった…

という方におすすめの記事です。

レビュー記事は下記より

シュアーSE846レビュー【至高のモニターサウンド!】

SE846微妙と感じる理由4つと解決策

SHURE SE846は良くも悪くも表現が正確です。

音源やケーブルの変化に素直に反応するので、悪い音源はそのまま悪く表現、悪いケーブルを使えば悪い部分も出音に影響します。

なので、

  • 価格に対する期待値の高さ
  • 高圧縮率の音源を聴いている
  • スマホに直挿している
  • ノーマルケーブルを使用している

上記に当てはまる場合は、音が悪いと感じてしまう可能性があります。

価格に対する期待値の高さからくるファーストインプレッションの悪さ

初めて10万クラスのイヤホンを買うとなるとそれなりの決意が必要です。

そして、これだけの価格がするのだからそれはそれはすごいイヤホンなのだろうと期待してしまうのものです。

期待に胸膨らませて聴いてみると…ん?微妙じゃね?とファーストインプレッションが悪く感じてしまうのかもしれません。

期待が大きいほど落胆する可能性は高くなりますからね。

でもすぐにメルカリに売りに出さず、しばらく使ってみることをお勧めします。

SE846 は長く使うほど愛して手放せなくなる名機です。SE846 を購入してからしばらく同価格帯やそれ以上の新作イヤホンを何本も聴いていますが、そのたびにSE846は唯一無二だと感じます。

正直、SE846 以上に帯域の広いイヤホンや開放的な高音が魅力のイヤホンなどいろいろ素晴らしい製品はあります。が、これほどまとまりよくどんな音源も安定した出音のするイヤホンはほかにないです。それでいて音楽をしっかり楽しめるという、モニターとしてもリスニングとしても素晴らしく、発売かrら6年以上たった今でも唯一無二。私も初めは「ん?」と思いましたがことあるごとに戻りたくなるホームのようなイヤホンとなりました。

なので、ファーストインプレッションだけで手放さず、下記に紹介する方法を実践しつつしばらく使い続けてほしいなと思います。

高圧縮率の音源を聴いている場合

320kbps以下の高圧縮率の音源は音があまり良くないです。通常のサブスクでは320kbps以下がほとんどです。

Spotifyなどのサブスクで聴いている場合は、Amazon Music HDやApple Musicなどのロスレス、ハイレゾ配信を使ってみるといいと思います。

また、CDからPCに取り込むときに高圧縮率にしている場合は、非圧縮で取り込むと音が良くなります。

SE846は細部までしっかり表現してしまうので、音源が悪いと荒が目立って悪く感じてしまいます。

【徹底比較】ロスレス、ハイレゾ音楽ストリーミングを比較

スマホに直挿ししている場合

最近のスマホはイヤホン端子のないものも多いですが、イヤホン端子のついているものや、変換を使っている場合は音が悪く感じる可能性があります。

一般的に、ほとんどのスマホは音質よりも機能性を重視して作られているので音があまり良くありません。

具体的にはDACやアンプに低価格、低品質なパーツを使用しています。

なので外部DAC内蔵アンプや、音楽専用のプレイヤーを使うといいと思います。

私が使用しているのは、FiiO Q3やShanling M3Xです。

どちらもエントリークラスのモデルで音が抜群にいいのでおすすめです。

FiiO Q3開封〜実機レビュー!

shanlingのDAP「M3X」は買い!?→買った

最近ばバスパワーで駆動するスティックタイプのアンプも多く出ていて気軽に音質アップを楽しめます。こちらも検討してみてください。

AmazonでスティックタイプのDACアンプを探す

ノーマルケーブルを使っている場合

SE846に付属しているイヤホンはあまり良くないです。

ちょっと低音域が出すぎていてバランスが良くないんですよね。

ノーマルケーブルをつかうのであれば、ノズルをブライトノズルに交換すると、グッと音場が広がりヴォーカルがクリアにセンター定位するのでやってみてください。

優先度としては低いですが、ケーブルの変更もおすすめです。

【二千円台!】G&Vの2.5mmバランスケーブルをレビュー

SE846リケーブル試聴レビュー①

Amazon Musicは1ヶ月間無料

 

【新規限定】
Amazon Musicが1ヶ月無料!
※詳細はこちら
Apple Musicは1ヶ月無料!

初回限定で1ヶ月無料!
フォローはお気軽に!