シャープホットクック導入 鶏大根の作り方と醤油の塩分

シャープホットクックを導入しました。

鶏と大根の煮物を作ったので、作り方とともにレポートします。

ついでにヘルシオオーブンレンジも使います。

ホットクックとは?

ホットクックは一言で言うと無水調理のできる自動調理家電です。

具材と調味料つっこんでスイッチ押すだけであとは待ってるだけ。それで素材の味を活かした美味しい一品の出来上がりです。

無水調理はビタミン、ミネラルの損失を押さえた調理が出来、しかもうまみ成分も残るので普通の鍋でグツグツ煮込むよりも素材を活かした料理が出来ます。

無水調理とは?

ガスコンロやIHで無水調理をする場合は密閉性の高い専用の鍋が必要になります。

また途中で火加減を変える必要もあります。

栄養価が高く、美味しい無水調理ですがなかなかハードルが高いですよね…。

そしてオーブンレンジのヘルシオと同じく下準備だけで料理が終わってしまいます。料理に時間をかけられないママやパパに非常にオススメの優れものです。

それでは早速作ります!

具材は鶏手羽元と大根だけです。

調味料は醤油、みりん、出汁パックだけです。

鶏手羽元は冷凍のまま投入します。大根はざっくり半月切り。

味付けは出来上がりの総重量の0.6%の塩分です。煮物は具材に染み込むので少なめがちょうどいいです。塩加減に関して下記リンクにまとめましたので併せてご覧下さい。

ホットクックの塩加減と注意点まとめ

総重量が892gでしたので、0.6%の塩分(今回は醤油)を加えます。大体900gとしてかける0.006でだいたい5.4gの塩分を足します。私はいつもおおざっぱに暗算して少なめに入れてます(笑)今回も5g以下になるように入れました。

追記:鶏手羽元の骨分を差し引いて計算していないので厳密にやる場合は可食部を6割として下さい。今回はそのまま総重量で計算してしまいました。

醤油はどれくらい入れればいい?

ちなみに醤油は濃口、薄口、また商品によって微妙に塩分が異なるので成分表を見ましょう。

醤油のパッケージを見ると大さじ一杯で2.4gの表示なので大さじ2杯(約30ml)くらいで塩分が約5gになります。

正確に計算すると塩分2.4g割る15mlで塩分濃度は16%だと分かります。

そして加えたい塩の割合を、醤油の塩分割合で割ると

0.6÷16=0.0375

となって3.75%が、醤油を塩分0.6%で加えるときの割合となります

具材892gの3.75%は33.45gなのでこれが加える醤油の量になります

もし塩分0.5%で加えたいときは

0.5÷16=0.03125(3.125%)

となり892gの3.125%で27.875gが醤油の量になります。

ちょっとややこしいですが形で覚えておけば簡単ですし、最初に下線部の数字を出しておけば後は具材の総重量にかけるだけでOKです。

ホットクックに話を戻します。

醤油、出汁パック、みりんを加えたらホットクックの混ぜ技ユニットを取り付け蓋をします。メニューで鶏大根を選んでスタート!

ヘルシオの低温調理

その間にヘルシオも稼働させます

待っている間に付け合わせの小松菜をヘルシオで蒸しておきます。

手動調理のソフト蒸しで、70度で20分程加熱します。

葉物野菜はソフト蒸し70度で15分、小松菜などちょっと固めの葉物ならちょっと長めにやれば食感残して栄養素も残しておいしくできます。

あとは食器洗ったりして待つだけです。

ここまでだいたい15分くらいですね。

そして出来上がりがこちらです。

大根はシミこみ具合にちょっとムラがありますね。堅さは柔らかすぎず良い感じでした。味はやさしい大根の甘みが口いっぱいに広がります。これが無水調理の醍醐味ですね。

鶏肉はほろっと骨から剥がれ落ちる柔らかさでおいしく頂きました。

私はちょうど良い塩加減でしたが妻はちょっと塩っぱいらしかったので、次回はもう少し塩分控えめで作ろうかと思います。

6500万曲のHD/Ultra HD音源が聴き放題!

普通のサブスクには戻れないほど高音質!

料金は月額1980円(プライム会員1780円)!

90日間の無料お試しキャンペーン!【10月18日まで】

無料期間でも可能なダウンロード再生!

僕もメチャクチャ使ってます!

Amazon Music HDを今すぐ試す

最新情報をチェックしよう!