アニメーション映画「音楽」の感想と評価

この映画、音楽好き、特にロック好きバンドやってる方には是非観て欲しい作品。

あらすじ

不良高校生が、ふとした事で楽器を手に入れバンドを始めることに。初めて楽器を鳴らし感動を覚えフェスの出演まで決まるが…といった展開。

めちゃくちゃシンプルでわかりやすい

アニメーション映画「音楽」のキャスト

「音楽」の声優陣はクセというか味があって魅力的。

  • 研二…坂本慎太郎
  • 亜矢…駒井蓮
  • 太田…前野朋哉
  • 朝倉…芹澤興人
  • 森田…平岩紙
  • 大場…竹中直人
  • どこで出るかは本編を見てのお楽しみ…岡村靖幸

主人公、研二を演じるのは元ゆらゆら帝国のミュージシャン坂本慎太郎。え、坂本さん演技できるの?と思ったけど研二のキャラに見事にハマってて違和感なし。

クレジットに岡村さんの名前がありますが、どこで出るかは伏せられています。本編を見てのお楽しみ。

アニメーション映画「音楽」の評価や口コミ

twitterでの評価は概ね良好。

filmarksの平均評価は4.0です。

 

アニメーション映画「音楽」はロック好きバンドマンにオススメ

ロックが好き

小ネタはありますが、あまりマニアックすぎず、小ネタはあくまでおまけ程度なのでわからなくても映画自体は楽しめると思います。

バンドをやっている

特にバンドをやったことある人は共感できる部分も多いと思います

音楽はポップスメインで聴くという方には不向きかも

基調となってる音楽性はプログレッシブ・ロック、パンク、フォークといったところ。

ヴォーカル中心のポップスを好む方にはちょっと向かないかもです。

劇中でもヴォーカルはほとんどなく、そこに不満を感じる評価も見受けられました。

アニメ映画「音楽」の感想

独特の間が心地良い

ちょっと長めの間を取り沈黙が続いたと思ったら、食い気味でセリフを入れてきたり。独特のリズム感を持った映画だと感じました。

一部のレビュアーさんはこの独特の間が馴染めず、「テンポの悪い映画で眠くなる」との評も。

が、私は「次はどう来る?」と予想して、「そうくるか!」といった感じで結構楽しめましたね。

音楽に感動する瞬間の表現が秀逸

登場人物の音楽に感動する瞬間の表現が秀逸で、観てる方も一緒に感動を覚える程。

研二たちがベースをアンプにつなぎ、スティックを振りかざし、せーので鳴らした瞬間ですよ!

研二たちがジーンとくる感じ、わかるわーってなりましたね。

爆笑はしないがニヤニヤできる

※映画のワンシーン

アニメーション映画「音楽」にはクスクス、ニヤニヤできる小ネタが散りばめられています。

クラッシュ、ピンク・フロイド、ツェッペリン、ザ・フー、など好きな方は他にもニヤニヤできる場面があると思います。

個人的にはめちゃくちゃ楽しめた!

テーマ曲はドレスコーズ

以下はドレスコーズの志磨遼平さんのツイートです。

 

アニメーション映画「音楽」レンタルはアマプラかU-NEXTがオススメ

アニメーション映画「音楽」はDVDで販売しています。

「音楽」はアマゾンビデオではレンタル配信もしており509円と他よりも安めの設定。

アマゾンビデオで観る

U-NEXTでは550円でレンタル配信中。初回でしたら31日間無料で、しかも600ポイントがつくので0円で視聴可能です。

U-NEXTで観る

 

Amazon Musicを試そう!

7000万曲聴き放題!

プライム会員なら月額780円

年間払いなら7800円!

オフライン再生可能

今なら4ヶ月無料!

Amazon Musicを4ヶ月無料で試そう!
HDが料金据え置き月780円(980円)で利用可能になりました!初回に500PゲットできるUnlimitedに登録後にアップグレードするのがオススメ!
【期間限定】【初回限定】
4ヶ月無料!
※詳細はこちら
4ヶ月無料!更に500P付与!
※詳細はこちら
※各プランの比較はこちら
フォローはお気軽に!